相続登記は必要なの?

相続登記とは相続に伴い不動産の名義変更をすることです。

不動産の所有者が死亡すればその名義を変更するのは当然のことではないかと思われるかもしれませんが、現行の法律上は、相続登記を申請するかしないかは相続人の任意とされています。

しかし、当事務所では相続登記は早めに行った方がよいと皆様にお勧めしています。

なぜなら、長期間にわたって相続登記を放置しておくことにより様々な問題が生じるからです。

仕事柄、所有者が亡くなって相続登記をしないまま数十年も経過した不動産をよく見かけますが、いざ相続登記を申請しようとしても、相続人が増えてしまっているため、遺産分割協議が困難を極める場合があります。

また、不動産の管理責任者が曖昧になって近隣の人たちに迷惑をかけたり、建物の解体に苦労することもあります。ときには公共工事の妨げとなることさえあります。

そのため、相続が発生した場合はある程度の期間内に相続登記を申請した方がよいと思われます。

相続登記は当事務所で

しかし、相続登記には煩雑な登記申請をしなければなりませんし、大なり小なり相続法の知識が必要です。

また、家庭裁判所での手続きを経る必要がある場合もあるでしょう。

そこで、当事務所では皆様の相続登記の手間ができるだけ簡便になるよう、手続きを全般的に承っております。

山形県内の方はもちろん、他県にお住まいで山形県に不動産をお持ちの方からも、多数、ご相談を受けて相続登記を行っております。

お気軽にご相談ください。

お亡くなりになった方の「本籍地や住所を特定できる資料」、「固定資産税納税通知書」、「不動産の所在が分かるもの」等があれば、スムーズにお見積りできます。

可能であればご用意ください。

お気軽にお問い合わせください。023-665-5744営業時間 am9:00-pm6:30(日曜を除く。祝日は営業)

メールでのお問い合わせはこちら