自宅の土地や建物を購入するときに金融機関から借入をした場合は、それを担保するための抵当権を不動産に設定します。

抵当権とは、予定通りの返済が行われないとき金融機関が申立てることによって不動産の競売が行われ、その代金から金融機関が優先的に貸金の返済を受けられる権利です。

実際には、自宅不動産が競売に付されてその代価を弁済に充てたとしても、借入金のすべてを返済しきれいないことが多いようですが、金融機関はこの抵当権があるからこそ、融資を実行しやすくなります。

この抵当権は契約だけで成立はするとされていますが、契約に加えて、不動産に抵当権が設定された旨を登記することが重要です。

しかも、抵当権の設定契約後にできるだけ早く登記をすることが求められます。

なぜなら、不動産に抵当権の設定登記が申請された順番が優先的に弁済を受けられる順番でもあるからです。

もし、のんびりと構えているうちに不動産に税金滞納などの差押えの登記が入ってしまうと、金融機関が優先的に弁済を受けられる権利は損なわれてしまいます。

そこで、通常、司法書士は抵当権の設定契約後、すぐに抵当権の設定登記を申請しているはずです。

マイホームを建てる場合は、この抵当権の他に所有権の移転登記など複数の不動産登記が必要となります。

初めて自宅を取得したり、住宅ローンを組まれる方にも丁寧にご説明いたします。まずは、当事務所にご相談ください。