相続放棄とは

相続放棄とは、ある相続人について相続開始時点にさかのぼり相続人でなかったのと同様の効果を生じさせることをいいます。

相続はプラスの財産だけを承継すればいいというものではありません。亡くなった方に借金があれば相続人はその借金も承継しなければなりません。

しかし、相続という事実があっただけで、相続人が亡くなった人の巨額の借金を負わされるのは、あまりにも酷な話です。

そこで、相続人の意思に基づいて相続の放棄ができることになっています。

相続放棄をすれば、たとえ亡くなった方が多額の負債をかかえて死亡したとしても、相続人はその返済の義務を免れることができます。

ただし、ひとたび相続放棄をすると、不動産や思い入れのある遺産も含めて一切承継することができなくなってしまうことに注意しなければなりません。

自宅等のどうしても承継したい遺産がある方は、少しだけマイナスの財産が多いような状況であれば、相続放棄を選択しないことも考えられます。

いずれにしても、相続放棄を選択するか否かを判断する前にしっかりと被相続人の財産・債務の調査をすることが大切です。

何処にどのような財産や負債が潜んでいるか分からないためです。

相続放棄はどうするのか

相続の放棄は、その旨を家庭裁判所に申述し受理されることによって効力を生じます。

申述の期限は「自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内」とされています。

この3か月以内に亡くなられた方の財産を調査して、相続するかそれとも相続放棄をするか判断しなければならないということです。

ただし、財産関係が複雑で相続開始から3か月以内に判断が困難な場合は、期間の伸長を家庭裁判所に請求することもできます。

また、事情によっては、相続開始から3か月を経過していたとしても相続放棄ができる場合があります。

当事務所では、相続財産の調査から相続放棄の申述まで、承っております。

まずは当事務所にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。023-665-5744営業時間 am9:00-pm6:30(日曜を除く。祝日は営業)

メールでのお問い合わせはこちら