ローンを完済し、抵当権抹消登記をお考えの方へ

住宅ローンを完済しても、抵当権抹消登記を申請しなければ、不動産の登記簿上に抵当権の登記が残り続けます。

しかし、いざ抵当権抹消登記を申請しようとしても、次のような方が多いと思います。

「登記申請に慣れていないため、多くの時間を使ってしまいそうだ」

「平日に法務局に行けないので代わりに申請してもらいたい」

このような方々は当事務所に抵当権抹消登記をお任せください。

時間を大切にされるお客様の手間が最小になることを心がけ、抵当権抹消登記の申請代理を行っております。

 

当事務所にご依頼頂いた場合の流れ

 まず、金融機関から届いた抵当権抹消登記の必要書類を下記事務所に持参または郵送してください。

〒990-0042

山形市七日町四丁目15番23号

ローズガーデンビル101

細川司法書士事務所 宛

※郵送される場合は、内容物の任意の位置に、お客様の ➀住所、②氏名、➂電話番号をご記入のうえ、ご郵送ください。すでに住所や氏名が金融機関からの書類に記載されている場合は、電話番号だけで構いません。

 当職からお客様に見積書と委任状(返信用封筒付)を郵送しますので、お客様はその委任状に署名・押印のうえ、ご返送ください。

 当職に委任状が到着し次第、電話にてお客様のご本人確認をさせていただきます。

 その後、当職が抵当権抹消登記を申請し、登記完了後に完了を証する書面をお客様宅に持参又は郵送致します。

 お支払いは、完了を証する書面といっしょに請求書をお送りしますので、請求書記載の銀行口座に送金願います。

お見積り(実費と報酬

下記で簡単な入力によって当事務所に抵当権抹消登記をご依頼された場合の見積額が算出できます。

 ・抵当権が設定されている不動産は、金融機関から送られてきた抵当権設定契約書に記載されています。

 ・マンションの場合は、敷地と専有部分を区別して数えます。

 ・抵当権の抹消登記が完了したことを登記簿謄本で確認したい方は、登記簿謄本の取得を選択してください。

 ・その他、お客様の状況にあわせてご入力ください。

※令和2年1月1日現在

※上記は、登録免許税、司法書士報酬、郵送料金、消費税のすべてを合算した金額です。

※おおむね上記の料金となりますが、抵当権抹消登記を申請する前提として相続登記や名義人住所変更登記が必要な場合、また紛失等により金融機関発行の書類がお手元にない場合は料金が加算されます。正確な見積額については、当方で不動産の登記情報を閲覧した後、委任状を郵送等する際にご提示致します。

ご不明な点がございましたら、下記からお問い合わせください。


お気軽にお問い合わせください。023-665-5744営業時間 am9:00-pm6:30(日曜を除く。祝日は営業)

メールでのお問い合わせはこちら