「借りる時のえびす顔、返す時のえんま顔」という諺があるように、借りた時は頭を下げてお金を借りていった人が、返済を渋るということがあります。

しぶしぶでも返済するのならよいのですが、いくら催告をしても返そうとしない場合があります。

当事務所では、そのようなトラブルに巻き込まれて悔しい思いをされている債権者の相談を受けたり、貸金の返還請求を代理で行ったりしています。

債権を回収するには様々な方法がありますが、まずは、裁判外において債務者と話し合いをし返済につき合意をする方法が考えられます。

しかし、債務者との間で返済計画について合意をするだけでは難しい場合が多いように思われます。

返済をしない債務者は、ほとんどの場合、経済的な問題を抱えているからです。

合意を破ったからといって一括返済を求めたとしても、ない袖は振れませんので、返済を受けれないでしょう。

また、訴訟を提起し勝訴判決を得て強制執行をするにしても相手にこれといった財産がなければ功を奏しません。債権回収の費用だけがかさんでしまいます。

経済的に支障がないにもかかわらず返済しない相手に対しては法的に許されている債権回収の手段を粛々ととっていくのですが、そうでない相手の場合は簡単ではありません。

返済計画の合意をし、その後も継続的に債務者と連絡を取り、絶対に返済遅れを許さないよう、勧めていく必要があるでしょう。

貸したお金がかえってこないという悩みを抱えておられる方がありましたら、一度、当事務所にご相談ください。

※ご相談される際は、可能な限り借用書や返済の履歴がわかるものをご用意ください。

※当事務所では、貸金の残額が140万円を超えない場合に限り、依頼をお受けすることができます。



お気軽にお問い合わせください。023-665-5744営業時間 am9:00-pm6:30(日曜を除く。祝日は営業)

メールでのお問い合わせはこちら
LINEで送る