ローンを完済し、抵当権抹消登記をお考えの方へ

ローンを完済すれば自動的に抵当権の登記が消えるというわけではありません。

お客様が抵当権抹消登記を申請しなければ、不動産の登記簿上に抵当権の登記が残り続けます。

しかし、いざ抵当権抹消登記しよう思っても、次のような方が多いのではないでしょうか。

「登記申請に慣れていないため、多くの時間を使ってしまいそうだ」

「平日に法務局に行けないので代わりに申請してもらいたい」

このような方々は当事務所に抵当権抹消登記をお任せください。

時間を大切にされるお客様の手間が最小になることを心がけ、抵当権抹消登記の申請代理を行っております。

 

ご依頼される場合の流れ

  1. 下記の見積もり自動計算で見積もりをされた後、抵当権抹消申込みフォームまたはお電話にてお申込みください。
  2. 弊所から書類と返信用レターパックを郵送しますので、お客様は書類に署名押印し、金融機関から受領された抵当権抹消に必要な書類と一緒にご返送ください。
  3. お客様からの書類が到着し次第、不動産の登記情報を閲覧し、費用の確定を行います。(➡お客様に連絡)
  4. 司法書士が登記申請を行い、登記が完了すれば、「登記完了証」などの書類がお客様のご自宅に届きます。
  5. お支払いは、登記完了後に請求書をメールまたは郵送しますので、クレジットカードまたは銀行振込にてご入金ください。

見積もり自動計算(報酬と実費)

下記で簡単な入力によって当事務所に抵当権抹消登記をご依頼された場合の見積額が算出できます。

※抵当権が設定されている不動産は、金融機関から送られてきた抵当権設定契約書に記載されています。

※マンションの場合は、敷地と専有部分の個数を区別して数えます。

※抵当権の抹消登記が完了したことを登記簿謄本で確認したい方は、登記簿謄本の取得を選択してください。

※上記は、登録免許税、司法書士報酬、郵送料金、消費税のすべてを合算した金額です。(全国どの地域の方でも同じ料金となります)

※次の場合を除き、上記の見積額とお客様のお支払額とは一致します。

  1. 抵当権抹消登記を申請する前提として登記名義人住所(氏名)変更登記などの登記申請が別途必要な場合
  2. 金融機関発行の書類を紛失されている場合
  3. ローンの完済から年数が経過している場合

お申込みは、下の抵当権抹消申込みフォームからどうぞ

※お申込みの解除は、司法書士が登記を申請するまで可能です。なお、それまでに要した実費があった場合は頂戴申しあげます。


1.お客様に関する情報

お支払方法のご希望(必須)
現金銀行振込クレジットカード

2.備考

よくあるご質問


1.所有権登記名義人住所変更登記とは何ですか?

登記簿に記録されている不動産の所有者の住所や氏名を変更する登記のことをいいます。

2.どのような場合に抵当権抹消登記の前提として登記名義人住所変更登記が必要となりますか?

登記簿上のお客様の住所・氏名と現在のお客様の住民票の住所・氏名とが異なっている場合に必要となります。

3.登記名義人住所(氏名)変更登記が必要な場合は、どれだけの料金が加算されますか?

7000円+2000円×(不動産の個数)の金額が加算されます。(登録免許税込、消費税別)

加えて、住所・氏名の変遷を証明する住民票などを取得する料金が必要となります。

4.依頼者は何かの書類を作成しなければなりませんか?

すべて司法書士が作成します。お客さまには、委任状に署名押印だけいただきます。

5.金融機関から送られてきた抵当権抹消関係の書類のうち、どの書類を郵送すればよいですか?

すべて郵送してください。

6.司法書士に書類を郵送してから、どのくらいの期間で登記は完了しますか?

2週間ほどかかります。

7.登記完了証とは何ですか?

登記完了証とは、登記完了後に法務局において発行されるもので、抵当権抹消登記が完了したことを証する書面です。

8.登記事項証明書とは何ですか?

登記事項証明書とは、発行時点での不動産の登記事項を証明した書類です。不動産の所有権登記名義人が誰であるかや抵当権が設定されているか否かが確認できます。登記完了証だけでも、抵当権抹消登記の完了は確認できますが、詳しくお知りになりたい方は登記事項証明書もご覧ください。

9.クレジットカードでの支払いの場合はどうすればよいのですか?

メールで請求書をお送りします。そのメールに記載してあるリンクから、カード情報を入力するサイトへとお進みください。

お気軽にお問い合わせください。023-665-5744営業時間 am9:00-pm6:30(日曜を除く。祝日は営業)

メールでのお問い合わせはこちら